メインイメージ画像

市販のインクジェットプリンタ

このごろは、市販のインクジェットプリンタの多機能化が進んでいるので、仕事場でのFAXを市販のインクジェットプリンタで済ませてしまう人が多いようです。会社用のFAXは、耐久性がよく、使用するにあたり、印刷や通信のコストがすごく節約できるので、FAXをよく使うなら、オフィス用に取り替えた方が良いです。さらに、一日に使用する枚数が多い場合は、インクジェットよりもレーザーの印字が安価ですし、複合機を使う事で、作業の幅が広がり、業務の効率も上がります。

このように、FAX一つを選ぶのでも、利用方法によって利用する製品を選ぶ必要があります。本体の値段が高くても、長年の間に大きな費用削減ができるでしょう。

特定の職業に関わっている人以外は、おそらく使った事が無いと思われるハンディターミナルを知っていますか?例をあげると、宅配業者のスタッフが荷物を配達にきた時に使用しているバーコードを読み取る端末の事です。

バーコードを読み取ってデータを集めるだけの、シンプルな機器ですが、機能をひとつに限定する代わりに、長年の使用や、落っことした時の衝撃に強いように作られているというメリットがあります。運送業や、大手インターネット通販会社の在庫管理等で、利用されています。データを読み取ったと同時に情報を管理できるので、業務の簡略化や効率化が図れて、最近は、いろいろな業種で使われており、利用が拡大しています。

更新情報